新聞記者のやる気まんまんブログ


by gy3rbnezoz

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 奈良市春日野町の春日大社で3日夜、神様に火を献じて無病息災などを祈る恒例の「節分万灯籠(とうろう)」があった。ろうそくに火がともされ、境内は幻想的な雰囲気に包まれた。

 春日大社には、平安時代以降に奉納された石灯籠約2000基と釣り灯籠約1000基がある。

 午後5時、花山院弘匡(かさんのいん・ひろただ)宮司が本殿前の灯籠に点火した後、神職らが回廊に次々と点火。舞楽が奉納された後、参拝者らが回廊を巡り、オレンジ色に揺らめく火の前で祈りをささげた。【花澤茂人】

【関連ニュース】
まんとくん:春日大社参拝
春日大社:興福寺貫首ら参拝 /奈良

津市長に松田氏が再選(時事通信)
義務化の火災警報器、どうしたらいいの? 取り付けは正しい場所に(産経新聞)
夫婦別姓、結婚後の変更可能に=法務省が検討−民法改正案(時事通信)
トキの雌、再び佐渡へ 雄のねぐら近くに飛来 繁殖期待(産経新聞)
<毎日写真コンテスト>優秀作品展始まる 東京・赤坂で(毎日新聞)
[PR]
by gy3rbnezoz | 2010-02-06 00:30
 北海道深川市のJR函館線踏切で特急列車と大型トラックが衝突し41人が負傷した事故で、不通となっていた同線旭川−滝川駅間は30日正午前、列車の運転を再開した。

【写真特集】函館線事故、大破した特急スーパーカムイなど緊迫の様子…現場ドキュメント

 JR北海道によると、復旧作業に伴い始発から運転を見合わせたため、札幌発旭川行きスーパーカムイ11号など特急22本を含む列車29本が運休し、約3800人に影響した。

 一方、この日は国土交通省運輸安全委員会の鉄道事故調査官が現地調査を実施。深川署は引き続き自動車運転過失傷害などの疑いで捜査している。【鈴木勝一】

【関連ニュース】
【動画】函館線事故、懸命の現場復旧作業の模様をみる
<写真特集>交通事故:京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが
<当時の紙面と写真で振り返る>国鉄鶴見事故
<当時の紙面と写真で振り返る>国鉄三河島事故
<当時の紙面と写真で振り返る>国鉄のすさまじい雪害遅延記録…戦後最大、サンパチ豪雪

<交通事故>コーヒー店にタクシー突っ込む 京都・左京区(毎日新聞)
高校生留学、18・5%減 不況の影ここにも(産経新聞)
橋下知事「国防は国が判断するべき問題」(産経新聞)
アパートで女性刺される=部屋に血の付いた包丁−岐阜(時事通信)
居酒屋に車突っ込み4人けが、1人心肺停止(産経新聞)
[PR]
by gy3rbnezoz | 2010-02-05 02:25
 1日午後6時20分ごろ、神奈川県相模原市のJR中央線相模湖−藤野間の下り線で、線路近くの竹が雪の重みで折れ曲がり、架線に接触した。JR東日本八王子支社によると、この影響で、高尾−大月間の上下線で運転を見合わせている。

【関連ニュース】
<気になる天気はこちらで>
大雪:関東甲信に注意報 2日未明にかけ都心でも5センチ
住まいナビ:北海道が生んだ「北方型住宅」とは。

首相、日本郵政社長は「天下りではない」と強弁(産経新聞)
「着うた」新規参入妨害 レコード会社の訴え退ける(産経新聞)
小中学生の患者比率が3割超に―新型インフル(医療介護CBニュース)
秋葉原17人殺傷 きょう第2回公判 事件の目撃者が証人出廷(産経新聞)
<秋葉原無差別殺傷>責任能力が最大争点に 28日初公判(毎日新聞)
[PR]
by gy3rbnezoz | 2010-02-04 03:39
 新たな弱毒性の新型インフルエンザが発生した場合に、予防接種法で対応できるよう同法を改正するため、厚生労働省は1月27日、「厚生科学審議会感染症分科会予防接種部会」(部会長=加藤達夫・国立成育医療センター総長)の第3回会合を開いた。この日の会合では厚労省側が、臨時接種に新たな類型を創設することなどを盛り込んだ素案を提示し、大筋で了承された。

【予防接種体系図詳細】


 現行の臨時接種では、感染力と病原性が強い疾患が想定されている。一方、新たな類型は今回の新型インフルエンザのように、病原性が強くなく緊急性は低いが、感染力が強く、社会的混乱を避けるため臨時に接種を行う場合を想定している。
 現行の臨時接種で生じる接種の努力義務について厚労省は、新たな類型では「『あり』とまではいかないまでも、『なし』としても接種の実施が難しくなる」との認識を示し、「勧奨」とする考えを示した。接種費用の実費徴収は、現行の臨時接種では「不可」となっているが、緊急性が低いことから、「経済的困窮者を除く被接種者からは、実費を徴収することが適当」とした。

 これを委員が了承し、臨時接種に新たな類型を創設することで合意した。
 ただ、岡部信彦委員(国立感染症研究所感染症情報センター長)は「病原性が強いかどうかは、多少時間を置かないと分からない。製造の段階と接種の段階では少し考え方が違ってくることがある」と指摘した。
 接種費用については、実費徴収とすることで意見が一致したが、澁谷いづみ委員(愛知県半田保健所長)ら自治体の担当者などが、自治体間の財政基盤の差が影響しないよう配慮を求めた。

■定期接種化「接種率など理解しないと」―岡部委員
 素案ではこのほか、臨時接種として実施した新型インフルエンザの予防接種をその後、定期接種するかどうか、する場合の要件などが論点に挙げられた。
 現行の予防接種法では、インフルエンザは二類定期接種で、対象が高齢者に限定されており、今回の新型インフルエンザのように、小児などにも接種を行うには、法改正が必要になる。

 これについて岡部委員は、「重症度や予後、ワクチンの接種率など、疾病がどういうものかを理解しないと、(定期接種への)切り替えはできない」との見解を示した。その上で、現在のインフルエンザのサーベイランスでは、どの年齢層でどのくらいの患者が発生しているかしか分からないと指摘し、重症例や治療の経過などを把握できるよう「サーベイランス体制の強化が必要だ」と述べた。


【関連記事】
法改正も視野に予防接種部会を開催―厚労省
新たな新型インフルに予防接種法で対応―厚労省方針
ワクチン接種に伴う健康被害の補償や免責「2年がかりで検討」―足立政務官
新型インフル、感染症法2類類似疾患からの解除を―四病協
次期通常国会への提出法案を説明−厚労省政策会議

<陸山会土地購入>大久保秘書、虚偽記載関与認める供述(毎日新聞)
賃金改善要求見送り、電機連合が春闘方針(読売新聞)
<替え玉殺人>中国人被告に無期懲役 大阪地裁判決(毎日新聞)
普天間「民意は重い」=次期名護市長と会談−小沢氏(時事通信)
<雑記帳>高橋尚子さん、北海道で野菜づくり(毎日新聞)
[PR]
by gy3rbnezoz | 2010-02-03 04:14
 難民認定を申請中のルワンダ人男性(30)が出入国管理法違反容疑で愛知県警に逮捕、拘置された問題で名古屋地検は28日、男性を起訴猶予処分にした。身柄の引き渡しを受けた名古屋入国管理局は強制収容決定後に仮放免処分とし、男性は逮捕から21日ぶりに身柄拘束を解かれた。

 仮放免後、毎日新聞の取材に男性は「県警が難民認定申請中だと信じてくれず戸惑った。拘置中はいろいろ考えて頭痛や腹痛になった。今は難民認定の結論が早く出るのを望んでいる」と話した。

 県警や代理人弁護士によると、男性はルワンダ南部出身のツチ族で05年に来日。08年に難民認定を申請し、入管が在宅で審査中だった。今月7日、北名古屋市で警察官の職務質問を受け、難民認定申請の受理を示す書類の写しを見せたが、旅券などを持っていないとして逮捕された。【秋山信一】

【関連ニュース】
愛知県警:難民申請中のルワンダ人男性逮捕…確認後も拘置
在留資格不正取得:行政書士の夫と妻逮捕 虚偽証明書作成
愛知県警:難民申請中の男性逮捕 ルワンダ人、確認後も拘置
愛知県警:難民申請中の男性逮捕 ルワンダ人、確認後も拘置

<アセス>計画段階から実施 中環審専門委(毎日新聞)
亀井金融相、郵政分社化を「酒鬼薔薇事件」になぞらえ小泉批判(スポーツ報知)
奈良の仏像盗難事件捜査終結、被害は計157点(産経新聞)
<ひな人形作り>埼玉県越谷で最盛期に 小ぶりな人形が人気(毎日新聞)
<ハイチ大地震>現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
[PR]
by gy3rbnezoz | 2010-02-02 05:21